2019年1月18日金曜日

会場確定! 2019年2月14日 院内フォーラム開催




院内フォーラム「私たちは健太さんの死を絶対に無駄にしない!」
を以下のとおり開催いたします。

●日時 2019年2月14日(木)午後1時~4時30分

●会場 衆議院第二議員会館 第一会議室(B1階)
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−2

●プログラム
(敬称略)
13:00 あいさつ
藤岡毅(弁護士)
安永孝行(安永健太さんのお父さま)

13:10 事件を振り返るビデオ上映

13:20 講演
斎藤貴男(『健太さんはなぜ死んだか』著者)

13:45 対談 「この事件が教えること」
浅野史郎(神奈川大学特別招聘教授・元宮城県知事)
藤井克徳(NPO法人日本障害者協議会代表・きょうされん専務理事)

14:30 弁護団報告
星野圭(弁護士)

15:00 パネルディスカッション 「安永事件を多面的に検証する」
パネリスト
採澤友香(弁護士)
「アメリカの障害者と警察を巡る判例から考える」
志村陽子(当事者家族)
「健太さんの悲劇を繰り返さないために母親として何ができるか?」
市川宏伸(医師・一般社団法人日本自閉症協会会長)
「精神鑑定等裁判における障害の理解」
コーディネーター
関哉直人(弁護士)

16:25 あいさつ
辻川圭乃(弁護士)



チラシPDF版



●お問い合わせ先
健太さんの会事務局
TEL 03-5385-2223
FAX 03-5385-2299
Mail zenkoku@kyosaren.or.jp

2018年11月1日木曜日

2018年4月28日座談会の内容が賃金と社会保障No.1714に掲載されました

2018年4月28日に行ないました、
 『安永事件を契機に警職法の「精神錯乱者」規定等の改正提言を検討するための座談会』
の内容が、

賃金と社会保障 No.1714 9月下旬号

に掲載されています。

当誌についてのお問い合わせ、お買い求めはこちら


賃金と社会保障 No.1714 9月下旬号

特集◎障害者「保護」と警職法
[座談会 安永事件から警職法改正を考える]
*安永事件の概要と座談会の目的[藤岡 毅]
*警職法の保護行為の意義、判例等の考察[藤代浩則]
*憲法学からみた安永事件、警職法[植木 淳] 
*精神障害者をめぐる法律と安永事件[池原毅和] 
*身体拘束問題と安永事件[長谷川利夫] 
*知的障害者の人権と安永事件[辻川圭乃] 
*親の立場から、足元から安永事件の再発防止を考える[田中洋子] 
*障害者権利条約の観点から安永事件を考える[藤井克徳]
▼資料 関連法令等

2018年4月17日火曜日

4月28日に座談会を開催します


『安永事件を契機に警職法の「精神錯乱者」規定等の改正提言を検討するための座談会』
を下記のとおり開催いたします。

座談会メンバー
 池原 毅和(弁護士)
 植木 淳(名城大学教授)
 長谷川 利夫(杏林大学教授)
 藤代 浩則(弁護士・専修大学教授)
 辻川 圭乃(弁護士・当会世話人)
 藤岡 毅(弁護士・当会世話人)
 田中 洋子(当会世話人)
 藤井 克徳(当会世話人)

日時 2018年4月28日(土)13301600

場所 東京都生協連会館3階会議室(東京都中野区中央5-41-18

参加費無料

先着30名限定
 事前申込制(チラシの必要事項にご記入後ご返信ください

●当座談会の趣旨
 「安永健太さん事件に学び 共生社会を実現する会」では、
 会の目的に基づき
 警察官職務執行法における安永事件に深く関わる内容の検討を行なっていきます。
 今回の座談会はそのスタートとなる企画です。

事前申込制です(チラシの必要事項にご記入後ご返信ください

2017年10月11日水曜日

斎藤貴男氏著「健太さんはなぜ死んだか」好評発売中

ジャーナリストの斎藤貴男氏が
安永健太さん死亡事件について
綿密な取材に基づいた書籍

「健太さんはなぜ死んだか」
警官たちの「正義」と障害者の命

が、好評発売中です。

安永健太さん死亡事件の裁判や
ご遺族の思いを詳らかに記した、
障害関係者必携の書です。

書評
  
  

ご注文は下記より
       
  ●本体価格の5%が支援募金となるご注文
  ●amazon


チラシはこちら

もし、その青年が障害者でなかったならば…
事件は同じように起きて、裁判は同じ経過をたどっただろうか


目次

第1章    事件の発生とその後の経過

父の慟哭 / 最高裁決定 / 解剖結果の鑑定書 / 「保護」か「逮捕」か
伯母の登場 / 反撃に転ずる / 女子高生は「殴った」と証言したが
警察側の目撃証人たち / 笑う警官 / 目撃者インタビュー

第2章    健太さんってどんな人?
どんぐり村 / 誕生と成長 / 父ゆずりの才能 / ホームランか三振か
スペシャルオリンピックス / 〝ケネディ家の夢〟と日本の現実

第3章    刑事と民事、二つの裁判のゆくえ
民事控訴審が認めた警官の注意義務 / 倒錯したロジック / 泣いていた検事
不起訴から付審判請求へ / 被告人有利の付審判の構造
「殴ったか、殴らなかったか」に終始した刑事裁判
民事裁判のゆくえ / 無念の地裁判決 / 控訴理由書 / 警察官Bの証人尋問
原付きオートバイを蹴ったのか? / 激突した意見書

第4章    跋扈する優生〝思想〟に克つために
相模原障害者施設殺傷事件 / 犯行を予告する手紙 / 神奈川県の「検証委員会」
健太さんの事件と通底する何者かの〝意思〟 / 建て替え構想のゆくえ
厚生労働省の提言と精神保健福祉法「改正」案 / 日本政府の人権観と障害者権利条約
障がい者制度改革推進会議の発足、しかし / 障害者自立支援法というバックラッシュ



◎著者紹介

斎藤 貴男 〈ジャーナリスト〉

著書に
『機会不平等』(岩波現代文庫)、『ルポ改憲潮流』(岩波新書)、
『「心」と「国策」の内幕』(ちくま文庫)、『消費税のカラクリ』(講談社現代新書)、
『「東京電力」研究 排除の系譜』(角川文庫)、
『戦争のできる国へ─安倍政権の正体』(朝日新書)、
『失われたもの』(みすず書房)ほか多数

発行=山吹書店(☎0422-26-6604)

定価=1,500 円+税

ISBN 978-4-86538-063-7



ご注文は下記より
       
  ●本体価格の5%が支援募金となるご注文
  ●amazon

2017年7月27日木曜日

「健太さんはなぜ死んだか」出版記念シンポジウム 講演とシンポジウムの音声を公開

2017年7月10日に開催いたしました、
「健太さんはなぜ死んだか」出版記念シンポジウムより、

「健太さんはなぜ死んだか」の著者で
ジャーナリストの斎藤貴男氏による出版記念講演と、

シンポジウムの音声データを公開いたします。

スライドショーとともに、下記動画をご覧ください。








※斎藤貴男さま、当データアップについて了承いただき誠にありがとうございます。

2017年7月21日金曜日

「健太さんはなぜ死んだか」出版記念シンポジウム 開催しました

7月10日(月)18時より、
東京・四ツ谷の主婦会館(プラザエフ)7Fカトレアにて、
「健太さんはなぜ死んだか」出版記念シンポジウム
を開催いたしました。

シンポジウムタイトル看板
シンポジウムタイトル看板








当日は150人にお集まりいただき、
斎藤貴男さんの講演やシンポジウムに熱心に耳を傾けておられました。
お集まりいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

出版記念講演とシンポジウムの音声、スライドショーはこちら

当日資料はこちら

また、この企画にて、
「安永健太さん事件に学び 共生社会を実現する会(略称:健太さんの会)」を
発足することとしました。

会則をご覧いただき、ぜひ当会にご協力いただけますと幸いです。



開会
開会

開会あいさつ
開会あいさつ 藤岡毅氏(弁護士)


「健太さんはなぜ死んだか」出版記念講演 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)
「健太さんはなぜ死んだか」出版記念講演 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)
「健太さんはなぜ死んだか」出版記念講演 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)
「健太さんはなぜ死んだか」出版記念講演 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)
経過報告 星野圭氏(弁護士)
経過報告 星野圭氏(弁護士)

出版記念シンポジウム
出版記念シンポジウム

シンポジスト 安永孝行氏(安永健太さんの父、元原告)
シンポジスト 安永孝行氏(安永健太さんの父、元原告)

シンポジスト 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)
シンポジスト 斎藤貴男氏(ジャーナリスト)

シンポジスト 辻川圭乃氏(弁護士)
シンポジスト 辻川圭乃氏(弁護士)

シンポジスト 古賀知夫氏(安永健太さん死亡事件を考える会・福岡事務所)
シンポジスト 古賀知夫氏(安永健太さん死亡事件を考える会・福岡事務所)

指定発言 安永浩太氏(安永健太さんの弟)
指定発言 安永浩太氏(安永健太さんの弟)

コーディネーター藤井克徳氏作の詩パネルが安永さん親子に送られる
コーディネーター藤井克徳氏作の詩パネルが安永さん親子に送られる

閉会あいさつ 河西龍太郎氏(元安永事件弁護団長)
閉会あいさつ 河西龍太郎氏(元安永事件弁護団長)



2017年6月29日木曜日

「健太さんはなぜ死んだか」出版記念シンポジウム(7月10日開催)ご参加お待ちしております!!




チラシ・お申込みはこちら


20171(月)
1820 ~ 2040 (1800 開場)

主婦会館(プラザエフ)7F カトレア
※館内にエレベーター・車いす用トイレあり。
JR・東京メトロ四ツ谷駅下車
※車いすでお越しの際は四ツ谷口をご利用ください。



●企画内容

安永健太さん死亡事件は2007年9月に佐賀市にて発生し、
知的障害のある安永健太さん(当時25歳)が施設からの帰路、
5人の警察官に「保護」の下に取り押さえられ亡くなりました。
付審判請求による刑事訴訟を経て、
民事訴訟が2016年7月1日に上告審で原告側請求棄却となり、
裁判は終結しました。

しかし全国で多くの支持者による裁判支援運動が展開され、
判決が確定した後も「健太さんは、なぜ死ななければならなかったのか」
との声が止むことはありません。

こうした中、ジャーナリストの斎藤貴男氏が、
『健太さんはなぜ死んだか 警官たちの「正義」と障害者の命(発行:山吹書店)』
と題し、本年7月5日にルポルタージュを出版します。

斎藤氏はこの中で、事件と裁判の過程を綿密によって明らかにし、
さらにはこの事件の根底にある差別を、
相模原市障害者施設大量殺傷事件にも言及しながら描いています。

このたび、この本の出版を記念した著者講演と
シンポジウムを行なう運びとなりました。

シンポジウムでは、斎藤氏に加え、
安永健太さんの父であり裁判原告であった安永孝行氏や
弁護士、支援者等が登壇し、この事件の本質と今後の取組等について話し合います。

また安永健太さん事件以外にも、
障害のある人が警察の無理解によって不利益を被る事例が
全国で起こっている現状を鑑み、支援組織を立ち上げ、
事件を風化させないための活動を継続していくことを呼びかける予定です。

●スケジュール

18時開場
18時25分 開会あいさつ
18時30分 「健太さんはなぜ死んだか」出版記念講演
18時50分 経過報告(これまでのとりくみと「健太さんの会」の結成)
19時05分 出版記念シンポジウム
20時40分 まとめおよび閉会あいさつ
20時50分 終了

●参加申込・お問い合わせ先● 安永健太さん死亡事件を考える会・東京事務所

TEL 03-5385-2223 / FAX 03-5385-2299 / Mail zenkoku@kyosaren.or.jp

チラシ・お申込みはこちら