2017年10月11日水曜日

斎藤貴男氏著「健太さんはなぜ死んだか」好評発売中

ジャーナリストの斎藤貴男氏が
安永健太さん死亡事件について
綿密な取材に基づいた書籍

「健太さんはなぜ死んだか」
警官たちの「正義」と障害者の命

が、好評発売中です。

安永健太さん死亡事件の裁判や
ご遺族の思いを詳らかに記した、
障害関係者必携の書です。

書評
  
  

ご注文は下記より
       
  ●本体価格の5%が支援募金となるご注文
  ●amazon


チラシはこちら

もし、その青年が障害者でなかったならば…
事件は同じように起きて、裁判は同じ経過をたどっただろうか


目次

第1章    事件の発生とその後の経過

父の慟哭 / 最高裁決定 / 解剖結果の鑑定書 / 「保護」か「逮捕」か
伯母の登場 / 反撃に転ずる / 女子高生は「殴った」と証言したが
警察側の目撃証人たち / 笑う警官 / 目撃者インタビュー

第2章    健太さんってどんな人?
どんぐり村 / 誕生と成長 / 父ゆずりの才能 / ホームランか三振か
スペシャルオリンピックス / 〝ケネディ家の夢〟と日本の現実

第3章    刑事と民事、二つの裁判のゆくえ
民事控訴審が認めた警官の注意義務 / 倒錯したロジック / 泣いていた検事
不起訴から付審判請求へ / 被告人有利の付審判の構造
「殴ったか、殴らなかったか」に終始した刑事裁判
民事裁判のゆくえ / 無念の地裁判決 / 控訴理由書 / 警察官Bの証人尋問
原付きオートバイを蹴ったのか? / 激突した意見書

第4章    跋扈する優生〝思想〟に克つために
相模原障害者施設殺傷事件 / 犯行を予告する手紙 / 神奈川県の「検証委員会」
健太さんの事件と通底する何者かの〝意思〟 / 建て替え構想のゆくえ
厚生労働省の提言と精神保健福祉法「改正」案 / 日本政府の人権観と障害者権利条約
障がい者制度改革推進会議の発足、しかし / 障害者自立支援法というバックラッシュ



◎著者紹介

斎藤 貴男 〈ジャーナリスト〉

著書に
『機会不平等』(岩波現代文庫)、『ルポ改憲潮流』(岩波新書)、
『「心」と「国策」の内幕』(ちくま文庫)、『消費税のカラクリ』(講談社現代新書)、
『「東京電力」研究 排除の系譜』(角川文庫)、
『戦争のできる国へ─安倍政権の正体』(朝日新書)、
『失われたもの』(みすず書房)ほか多数

発行=山吹書店(☎0422-26-6604)

定価=1,500 円+税

ISBN 978-4-86538-063-7



ご注文は下記より
       
  ●本体価格の5%が支援募金となるご注文
  ●amazon